ブレーキ

  • By asmile
  • 2014年6月26日
  • コメントは受け付けていません。

いくら八イパワーのエンジンを搭載していても、それに見合ったブレーキを持っていなくては速く走ることは不可能である。そして、安全性を高めるためにABSの装眉も現在では必要不可欠といえる。日本の国道に匹敵するくらい、網の目のようにアウトバーンがあるわけだからドイツ人にとってそこを走るのは日常の事である速度制限される場所が多くなったとはいえごく一般的なドライバーでも130.150m/hで走行している。つまり、西ドイツは高速走行がごく当たりまえの国なのである。ここで生まれ育ったBMWは、当然のことながら強力なブレーキを持っている。そしてどんどん新しいテクノロジーを投入して、より安全なブレーキ作りを目指している。BMWが使用しているABSはボッシュ製のもの。4輪の情報を別々に得て、それぞれを催剛に桁脚する方式。フルブレーキングでスキーノ嗜がするほど効きは遅い。ただし、このくらいのセッティングの方がスポーツドライビングには適している。基麺勺な↑鎚層も、2回連続で200km/hからのフルブレーキングに耐えられるほど高いそのひとつがABS(アンチロック・ブレーキング・システム)だ。BMWが採用しているABSはポッシュ製ものである。ABSの最大の目的は制動距離を縮めることではない。よく誤解されることなのだが、本当の目的はフルブレーキング中でも舵が効くようにすることだ。もちろん、条件がそろえばABSの方が制動距離が短い場合もある。最近のABSは制御するコンピュータのプログラミングがよくなっているから、一般のドラィバーなら、ABSの方が短い距離で止まれることの方が多いかもしれない。では、ABSの方が制動距離が長くなるのはどんな場合か?それは砂利道やアィスパーンの上に新雪が積もった場合などだ。中古車 高く売る ←ここのサイトから関する知識を得ましょう。

DW081_L


エアバッグ

  • By asmile
  • 2014年6月26日
  • コメントは受け付けていません。

西ドイツでドアロックをさせない理由は、外部からの救出を容易にするためだ。事故を起こして車内で気を失っているとしよう。もしドアロックしていたら救出に時間がかかってしまうからだ。そこでBMWで考えたシステムは、ドアロックしていてもクラッシュした場合にはその衝撃をセンサーが感知して、自動的にドァロックを解除し、ルームランプを点灯、ハザードフラッシャーを作動させるというものだ。これによってロックすることのデメリットをなくすることができた。これのシステムは7シリーズ(E32)、5シリーズ(E34)に標準装備されている。最近はエアバッグがよく話題になるが、今後エァバッグの装着率はどんどん高くなることだろう。エアバッグはシートベルトの補助装置として開発されたものだ。シートベルトをしていてほぼ正面からクラッシュした場合、体はうまくシートベルトで押さえられても重い頭は慣性力でそのまま前に行こうとする。かなりの勢いで前に行く頭は、シートベルトなしのときのようにウィンドウシールドに突っ込んでしまうことはなくても、ステアリングにぶつかってかなりのダメージを受けることになる。エアバッグは正面からの衝突の際、顔を守るためのものなのだ。←その他役立つ情報はこちらから。

DW087_L


フロントヒンジのボンネット

  • By asmile
  • 2014年6月26日
  • コメントは受け付けていません。

5シリーズ(E弘)を例にとって説明しよう。剛性の高い5シリーズのボディは衝突するときのスピードが師、/h以下であれば、ほぼその原形をとどめる。もちろんこのことはキャビンを保護することにもなる。その強度は、厳しいといわれるアメリカの安全基準を弱%以上も上回っている。ボディのノーズ部分には600mのクラッシュゾーンがある。ここにはショックアブソーバと同じ構造のエネルギーアブソーバとシートメタル製のインパクトボックスがうまくレイアウトされ、制御の効いた方法で衝撃を吸収している。バンパーの構造体に取り付けられたエネルギーアブソーパによって4伽/hまでの軽い衝突は吸収され、ダメージはまったくない。4m/hを超え、第一段階で吸収できない衝撃はシートメタル製のインパクトボックスが変形してそのエオルギーを吸収する。妬、/hまでならインパクトボックスまでの交換だけで済む。フロントヒンジのボンネットはBMWの特徴でもあるが、これも衝突時の安全性のためのデザインなのである。ボン、オットにフックを設けて、衝突時にボン、オットがウインウドシールドを突き破ることのない構造にしているのだ。ボンネットはウインドウシールドから浮き上がったデザインになっているが、これも空力特性の向上を狙ったためだけではなく、ワイパーのシャフトを覆うことによって歩行者の保護を考えた設計だからである。走行中、ドァロックはした方がいいのか、しない方がいいのか、正確に答えられる人は少ない。日本の自動車教習所ではドァロックをするように指導している。しかし、西ドイツの教習所ではドァロックはしないように教える。日本での理論は、衝突した場合にその衝撃でドアが開いて外に乗員が飛び出してしまうのを防ぐことができるというものだ。しかし加年以上も前のクルマならまだしも現在のクルマでは、ドアロックするかしないかは、衝撃でドアが開くかどうかを決める要素にはならない。←ここから情報を探せます。

DW102_L


自動車の安全対策

  • By asmile
  • 2014年6月26日
  • コメントは受け付けていません。

テレビからは毎日のように自動車事故のニュースが流れてくる○もちろん誰もが自分には関係のないことと考えているだろう。しかし、クルマに乗っている以上、いつ当事者になるかわからない。そのときにあわてないために。考えたくはないが、考えておかなくてはならないクラッシュの対処法。自動車の安全対策の問題は、アクティブセィフティとパッシブセィフティに分けられる。アクティブセイフティというのは積極的安全性で、誤操作をしないとか運転しやすくするなども、事故を起こさないためのもの。パッシブセイフティは受動的安全性で、万が一事故を起こしたときにいかにダメージを少なくするかである。ここではBMWのパッシブセイフティについて特徴的なところを説明しよう。衝撃吸収ボディについてはご存じの読者も多いことだろう。昔のクルマは正面衝突するとリアタイヤが運転席のところまできてしまうほどボディがクシャクシャになった。まるで紙クズのように鉄のボディが折れ曲がってしまったのである。しかし、最近ではエンジン部分とトランクの部分は壊れるが、乗員のいるキャビンは壊れない構造になっている。つまり、壊れる部分を作って衝撃を吸収し、乗員に強いショックを与えないようにしている。それでいて大きな衝突でも頑強な構造体で囲まれたキャビンは潰れないようになっているので、乗員は大きなダメージを受けないというシステムである。この剛性の高い車室の構造をセィフティセルあるいはサバイバルゾーンと呼んでいる。これほどまで大きなクラッシュでない場合でも、BMWはその修理費が安く済む構造になっている。←こちらから事故防止に関するいろいろな知識を蓄えましょう。

DW109_L


車載電子制御装置

オンポードコンピュータは、ギミックのようにも感じるが実際に使ってみると非常に便利である。高速道路では到着予定時刻や燃料残量からの推定走行距離も出る。さらに、平均燃費平均速度などもペースを決めるいいデータになる。また、冬季のドライブでは外気温を知ることで路面の状態を推測することができる。3℃以下になると路面凍結の恐れがあるため、自動的にドライバーに警告音と表示で知らせてくれる。この他、時間と日付はも漁ろん、ストップウォッチ、自動換気システムタイマー、設定速度でのチャイム警告、暗証番号を入れないとエンジン始動が不可能になる設定ができるなど多彩だ。しかし、操作は簡単だから誰にでも簡単に扱える。325iX以上に装備されるが、アイテムは車種によって異なる。また、これらの車載電子制御装置に対応してBMWダイァグノーシスシステムも用意されている。これは電子制御機器点検用診断システムで、対話形式で故障箇所の診断ができるものだ。ユーザーにとってありがたいのは、このシステムを利用して故障箇所記録データを呼び出すことによりこれまで点検時に発見することが難しかった電装品の一時的な断線なども容易に発見してくれることだ。←いろいろな情報はこちらのサイトから確認してください。

DW100_L