車載電子制御装置

オンポードコンピュータは、ギミックのようにも感じるが実際に使ってみると非常に便利である。高速道路では到着予定時刻や燃料残量からの推定走行距離も出る。さらに、平均燃費平均速度などもペースを決めるいいデータになる。また、冬季のドライブでは外気温を知ることで路面の状態を推測することができる。3℃以下になると路面凍結の恐れがあるため、自動的にドライバーに警告音と表示で知らせてくれる。この他、時間と日付はも漁ろん、ストップウォッチ、自動換気システムタイマー、設定速度でのチャイム警告、暗証番号を入れないとエンジン始動が不可能になる設定ができるなど多彩だ。しかし、操作は簡単だから誰にでも簡単に扱える。325iX以上に装備されるが、アイテムは車種によって異なる。また、これらの車載電子制御装置に対応してBMWダイァグノーシスシステムも用意されている。これは電子制御機器点検用診断システムで、対話形式で故障箇所の診断ができるものだ。ユーザーにとってありがたいのは、このシステムを利用して故障箇所記録データを呼び出すことによりこれまで点検時に発見することが難しかった電装品の一時的な断線なども容易に発見してくれることだ。←いろいろな情報はこちらのサイトから確認してください。

DW100_L 参考:ハナテン車買取

Categories: 未分類

3 Comments

コメントを残す