ブレーキ

  • By asmile
  • 2014年6月26日
  • コメントは受け付けていません。

いくら八イパワーのエンジンを搭載していても、それに見合ったブレーキを持っていなくては速く走ることは不可能である。そして、安全性を高めるためにABSの装眉も現在では必要不可欠といえる。日本の国道に匹敵するくらい、網の目のようにアウトバーンがあるわけだからドイツ人にとってそこを走るのは日常の事である速度制限される場所が多くなったとはいえごく一般的なドライバーでも130.150m/hで走行している。つまり、西ドイツは高速走行がごく当たりまえの国なのである。ここで生まれ育ったBMWは、当然のことながら強力なブレーキを持っている。そしてどんどん新しいテクノロジーを投入して、より安全なブレーキ作りを目指している。BMWが使用しているABSはボッシュ製のもの。4輪の情報を別々に得て、それぞれを催剛に桁脚する方式。フルブレーキングでスキーノ嗜がするほど効きは遅い。ただし、このくらいのセッティングの方がスポーツドライビングには適している。基麺勺な↑鎚層も、2回連続で200km/hからのフルブレーキングに耐えられるほど高いそのひとつがABS(アンチロック・ブレーキング・システム)だ。BMWが採用しているABSはポッシュ製ものである。ABSの最大の目的は制動距離を縮めることではない。よく誤解されることなのだが、本当の目的はフルブレーキング中でも舵が効くようにすることだ。もちろん、条件がそろえばABSの方が制動距離が短い場合もある。最近のABSは制御するコンピュータのプログラミングがよくなっているから、一般のドラィバーなら、ABSの方が短い距離で止まれることの方が多いかもしれない。では、ABSの方が制動距離が長くなるのはどんな場合か?それは砂利道やアィスパーンの上に新雪が積もった場合などだ。中古車 高く売る ←ここのサイトから関する知識を得ましょう。

DW081_L

Categories: 未分類

Comments are closed.